2011年10月26日

■たまゆら〜hitotose〜【第4話】潮待ち島に聞こえる音、なので


たまゆら〜hitotose〜



たまゆら〜hitotose〜 #04の視聴感想です。

夏休み。
小旅行。
思い出。
夢。
家族。
自分自身のなりたいものになればいい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑さぁポチッとな



■スタッフ
原作・監督・シリーズ構成:佐藤順一/脚本:吉田玲子・浦畑達彦・山田由香・池田眞美子/キャラクターデザイン:飯塚晴子/作画監督:渡辺はじめ/美術:田尻健一/色彩設計:川上善美/音楽制作:フライングドッグ/制作:TYOアニメーションズ/製作:たまゆら製作委員会/



■キャスト
沢渡楓:竹達彩奈/塙かおる:阿澄佳奈/岡崎のりえ:井口裕香/桜田麻音:儀武ゆう子/志保美りほ:葉月絵理乃/塙さよみ:大原さやか/沢渡香:宮本佳那子/ももねこ:福井裕佳梨/三次ちひろ:寿美菜子/篠田こまち:広橋涼/楓の母:緒方恵美/楓の祖母:松尾佳子/「ほぼろ」店主:松来未祐/写真館オーナー:中田譲治



■OP&ED
OPテーマ:『おかえりなさい』坂本真綾
EDテーマ:『神様のいたずら』中島愛



たまゆら〜hitotose〜04-1

■アバン
ぽって、竹原に来てはじめての夏休み♪
スイーツ作りに、海にプールに、香たんすりすり〜って、欲望がだだ漏れしてます、のりえちゃん(笑
麻音は実家は大崎下島に帰るそうで。ぽってのおじいちゃんも居るから……みんなで行こう!!
つか、麻音が喋ってるのがすっごく新鮮に聞こえますネ(笑

……ちょっ!提供が口笛!?(えー



たまゆら〜hitotose〜04-2

■Aパート
帰郷支度完了!長期不在チェック終了!!
麻音は一人暮らしだったんですねぇ……

ぽってにもアッサリとお出かけ許可が出ました。もちろん香くんも一緒です。
つか、おじいちゃんとおばあちゃん別居中ってこと?まぁ時々竹原に来てるみたいだけど。この世代でさらに田舎なら珍しい関係ですよねぇ。

みんなで船に乗って……大崎下島にゴー!!
「あいわなふらーーーい!うぃずこうたーーん!!」
うん、きっとのりえちゃんならドコまでも飛んでいけるさ。香くんを捲き込んじゃダメよ(笑
それにしてもぽっては緊張しすぎです(笑

島の桟橋風景をぽってもうっすら覚えていて。
長閑な島で子供達が普通に挨拶してくるぅ?昨今子供に声を掛けようものなら警察沙汰覚悟だというのに!!(マテ(過剰(イクランンデモソコマデハ


たまゆら〜hitotose〜04-3

麻音の実家『のどか亭』にとぉちゃ〜く♪
とりあえずオチツケぽって。まずは挨拶と手土産だ(笑
麻音父も落ち着いてください。涙もろすぎですから!!(苦笑
麻音母は全く動じず冷静に応対してますね。麻音関連で父の過剰反応は日常茶飯事なのか!?(えー
そして新鮮な麻音の仲居姿。ヤヴァイこれは惚れる……似合い過ぎてどうしてくれよう!!(オチツケ
それにしても居間には何がある?何故侵入を拒んだのさ!

不器用に気を遣ってお手伝いしてる感じの麻音の姿。そこでかおたんやのりえちゃんは浮かんだ疑問。
――好きなことをしていいと言われてるはずなのに、まるで継ぐかのような姿は何故に?
あの優しげなご両親が強制してる風でもなく、麻音の真意や如何に!(デデン

大崎下島は故郷感溢れる素敵な街並み。
「かおたんプリティーミラクルアイフルファイヤーーッ!♪」
まさかかおたんが魔法少女だったなんて!そんな夢見るオンナノコを陥れるのりえちゃんヒドイ(笑
ワイワイガヤガヤころころ笑顔。いろんな写真、いっぱいの思い出を織り成していきます。
……海を眺める麻音が綺麗ですね♪


たまゆら〜hitotose〜04-4

乙女座――
麻音が懐かしげに足を踏み入れたソコは島の演芸場のようですね。
感慨深げに自然と口笛を奏で始めちゃったりして、ぽやぽや〜ってなるほどの思い出の場所なのネ。
その姿にかおたんとのりえちゃんは夢と義務の板挟み的なモノと推理してみるがさて……

と、香くん、おじいちゃんとの待ち合わせを思い出す!麻音の案内で時計屋さんにゴー!
お淑やかに礼儀正しく挨拶をかますのりえちゃんにナニゴトかと思ったらおじいちゃんご対面と早とちりですか(苦笑
しかもそこに居たのは……こまちちゃんなんでココにいるの?そりゃまさかの香くんとバッタリじゃ運命も感じちゃうか(えー
背後から不意に声を掛けられ悪態付いたのりえちゃん。ソレがおじいちゃんですから!!(撃沈



たまゆら〜hitotose〜04-5

■Bパート
島で麻音は“まぁぼう”と呼ばれてるんですね。
で、このビールのお兄さんはぽってと香くんのことも知ってるみたい。二人は覚えがないようですが(苦笑
透かさず丁寧に挨拶のこまちちゃん。まったく香くんのことになると抜け目ないよなぁ。のりえちゃん挽回できずに続け様に轟沈だね(え
って!おじいちゃん、ぽってと同じ症状出てますから!上がり症は遺伝ということですね。
ところで、おじいちゃんが修理に出した時計屋さんて、まさかあの『新光時計店』のことですか?そうですよね?きっとそうにちまいない!!(興奮
それはそれとして、こまちちゃんはお尻ペンペンだけは忘れないのね(苦笑

名物“レモン羊羹”とやらも気になりますね。お茶請けに是非ひとつください!
そこに『のどか亭』への道を尋ねる旅行者に麻音が不器用ながらも案内を買って出ます。一生懸命さはホント伝わりますね。
その時こまちちゃんにメールが……オババから牡丹餅のお呼び出し!?まだまだ色気より食い気のようで……香くんと別れ難くても猛ダッシュ!ゴー!!(笑

「ごゆっくりおくちゅ…おくつろぎください」
ヤヴァイほどにかわいい。一生懸命だから余計に感じます。
だからこそ手伝おうとしたぽってたち。だからこそ止めたおじいちゃん。
「おもてなしの心を持った人が、お客さんをもてなすところじゃからのう。あの娘は一生懸命お客さんをもてなそうとしている」
だからこそその姿にお客さんも笑顔が零れるんです。

戻るおじいちゃんに、おばあちゃんからの差し入れと思い出の一枚を……
緊張しすぎだから!ピースは指2本だから!!(笑


たまゆら〜hitotose〜04-6

ぽってたちは美味しそうなお料理に舌鼓♪
みんな大喜びで完食!相当美味しいんだろうなぁ……

寛ぎタイムは居間に通されたぽって達。のりえちゃんは我慢しきれず疑問をご両親にぶつけてみる。
「あのお父さん!改まってお話が……」
「……申し訳ないが、麻音をまだ嫁にやるわけにはぁ(号泣」
何でそうなる!ココは激しくツッコんでもいいんじゃないかな。のりえちゃんならおーるおっけーだきっと(マテ
で、ぶつけてみた麻音のキモチ、旅館のこと、夢のこと……
まぁ流石にココまですると出しゃばりすぎだとは思うけどねぇ。でもココは優しい世界だからおっけ(ぉ

皿洗いから戻ってきてた麻音。
彼女にとって旅館も大事。そして乙女座は大切な場所……

なんとmarbleのライヴがあったのか!?(えー
これは素敵な魔法だろ!そりゃ虜にもなっちゃうだろ!!素敵なメッセージだろ♪
ふと、アイマスの春香のエピソードを思い出したり(ぉ

音楽との出逢いが心に沁み込んで、旅館は自分の大切な一部分で。
将来のことはまだぼんやりとしていて分からない。でも…今、大事だと思えることをなんでも一生懸命にやりたいんですね。
両親が大事にしているモノ、娘が大切に想っているコト、真心はシッカリと伝わっていて。周囲の人たちにだって感じ取っている。


たまゆら〜hitotose〜04-7

でもご両親は麻音を育てただけあってその先も見ていたり。
そう麻音がぽって達が居間に行くのを阻止した理由。ソコにあるのは……麻音父暴露かいっ!
コロコロ夢が変わっていった麻音の軌跡、柱に描かれた夢の跡……(笑
「まぁ何でもええ。自分で選んだ道なら、麻音が自分自身のなりたいものになればいい」
でも口笛師は如何なものかと!ソレは仕事になるのか?喰っていけるのか?仕事にするなら芸人ということか!?(えー

「お父さんって、こんな優しい顔で子供を見るんだなぁ……
 ふわふわした夢も包み込むように」
ぽっては麻音とご両親を見て、お父さんの心の一部に触れることができたみたいですね。
父娘の時間を切り取った一枚にはたまゆらがふわふわと輝いておりました♪



たまゆら〜hitotose〜04-8

■Cパート
麻音?お笑い志望もあったのか!でもソレはないわ(大笑
……あ、笑ってしまった…才能有ったのかも!?(マテ



┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛



あ…ももねこ様が出なかった……(ソコカラカ!


おもてなしの心は真心です。その真心はいろんな夢を抱く麻音の中にシッカリと育まれております。
ずっと両親の背中を見て根付いたおもてなしの心。音楽に乗って心に沁み込んだキラキラとした想い。
どちらも人の温かさを届けることですね。麻音が夢を抱いた仕事は全て人の心を温めるモノのような気がします。
きっとこの先どんな夢に向うにしてもそこだけは変わらないのでしょうね。


ところで、おじいちゃんが修理を頼んだ時計屋さん。
おそらく以前カンブリア宮殿トカで紹介されたことがあると思うのだけど『新光時計店』のことだとおもいます。
瀬戸内海の島にあるどんな時計でも直すという老舗の時計屋さんとして印象的に覚えていました。世界中から修理を断られた思い出の詰まった時計が集まってくるのだとか。
ということでちょっとググッたらすぐ見付かりました。

新光時計店

サイトを見ると作中のカットそのままっぽい外観写真が掲載されてました。
うん、ここで間違いないでしょう!


で、ついでに乙女座も調べてみたら……あったし!(笑

乙女座

建設当初はひときわ目立つモダン劇場だったようです。
詳しくはリンク先を見てネ(笑



次回はちひろちゃんが来るだと!?
これは必見だね!!



※追記……
のどか亭の元ネタって『なごみ亭』でしょうか?
どうやら、あなご飯がウリのようですし。
でも七卿落遺跡の外観がすごく似てる気がする……合わせ技か!?(え

なごみ亭 
……って『お知らせ』にたまゆらの文字があった(笑
御手洗七卿落遺跡 

偶然見つけたのですが『石塀小路』さんの『瀬戸内島巡り(下蒲刈島〜岡村島)』という記事が今回の舞台にまぁまぁ近いかなぁと思ったり。

石塀小路:瀬戸内島巡り(下蒲刈島〜岡村島)



人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑次回視聴感想への気合を下さいな。







http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52225277.html
posted by 露羽 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(22) | ■たまゆら〜hitotose〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

たまゆら 〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt:  麻音回でした。アヘビアーン。
Weblog: つれづれ
Tracked: 2011-10-26 06:58

麻音は本当に・・・ 「たまゆら〜hitotose〜」 第4話の感想。
Excerpt: 「いいお友達を持っているね」
Weblog: あるアッタカサの日常
Tracked: 2011-10-26 07:01

たまゆら〜hitotose〜 第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので
Excerpt: 夏休みに突入し、麻音は実は一人暮らしだったようで、大崎下島の御手洗にある実家に帰省する事に。 瀬戸内海には島も多いですし、そうした島の出身者だと高校に通う為にこういう ...
Weblog: ゲーム漬け
Tracked: 2011-10-26 08:09

たまゆら〜hitotose〜 #4「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: 麻音回!口笛少女の生い立ち&夢 ピューと吹く!麻音 〜♪ たまゆら第四話のぶっきら感想、なので
Weblog: ぶっきら感想文庫
Tracked: 2011-10-26 08:35

たまゆら〜hitotose〜 第4話 感想「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜ですが、沢渡楓たちは麻音の島の旅館に行くことになります。景色のきれいな島ですし、みんなで歓迎してくれます。旅館の客を見つけると麻音は案内しますが、仲居として荷物を運んだりも..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-10-26 09:17

【たまゆら〜hitotose〜】4話 麻音の両親はあたるとラムちゃんなんだな
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜 #04 潮待ち島に聞こえる音、なので 468 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/24(月) 09:31..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-10-26 12:58

たまゆら〜hitotose〜 4話
Excerpt: ここが彼女の原点。 というわけで、 「たまゆら〜hitotose〜」4話 ピューと吹く!麻音の巻。 ついに来ました、我らが口笛さん回! この日をどれだけ待ちわびたことか。 いや..
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2011-10-26 13:05

たまゆら 〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想
Excerpt: 大切がいっぱい―
Weblog: wendyの旅路
Tracked: 2011-10-26 16:52

たまゆら〜hitotose〜 アニメワン(10/26)#04
Excerpt: 第4話 潮待ち島に聞こえる音、なので 夏休みに入ったら、実家の島に帰る麻音。そこ
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2011-10-26 17:45

たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想
Excerpt: 自分にとっての大切なこととやりたいこと 夏休みに入り大崎下島にある実家の旅館に帰省した麻音。 楓のおじいちゃんも同じ所に住んでおり皆で遊びに行くことに。 そこで楓達は今まで見ることのなかった..
Weblog: 日刊アニログ
Tracked: 2011-10-26 19:46

たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: 今回もほわほわっといい話、なので♪ 夏休みということで夏編突入です。 春夏秋冬3話ずつやってく感じでしょうか。 麻音ちゃんお当番回。 前回ののりえちゃんもそうでしたが、回想でミニ麻音ちゃん..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2011-10-26 21:00

たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: 夏休み♪ みんなで麻音の実家の大崎下島の旅館に行きます。 のどか亭って名前が人柄を感じますね。 麻音は口笛師のようなステージの仕事に憧れてるんですよね。 旅館を継ぐかで迷うところ。 ▼ た..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-10-26 22:30

たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 感想
Excerpt: 麻音にとって大切な場所 将来のことはまだぼんやりとしかわからない麻音、そんな麻音の将来のことを本気で心配する親友、そして自分の好きなようにしなさいと言う親。 今回は家族愛と友情を描いた..
Weblog: 時は零から
Tracked: 2011-10-26 23:14

『たまゆら-hitotose-』 第4話 観ました
Excerpt: 季節の経過が早いですね。 ってことでもう夏休みなので。 黒髪ロングな口笛娘な麻音ちゃんの実家、大崎下島の御手洗にある旅館、のどか亭に遊びに行くお話。なお、今回のサブタイトル、『潮待ち島に聞こえる音、..
Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
Tracked: 2011-10-27 01:42

たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」感想!
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」 麻音ちゃん回だ! 麻音Ver.のCMも登場! 麻音の実家は旅館。 夏休み、みんなでその旅館へ行くことになった。 ..
Weblog: くろくろDictionary
Tracked: 2011-10-27 12:22

たまゆら〜hitotose〜4話感想〜
Excerpt: 「潮待ち島に聞こえる音、なので」 夏休みになり、楓達は、麻音の実家のある大崎下島に遊びに行った。 麻音可愛いよ麻音 そして、楓達は、麻音の案内で大崎下島を散策。 ..
Weblog: ブラり写真日記、京都から〜鉄道・旅・アニメのブログ。
Tracked: 2011-10-27 13:36

たまゆら 〜hitotose〜 第4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜第1巻 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る 桜田麻音のターン。口笛を吹いているのは、話ベタだからなのね。 し..
Weblog: 北十字星
Tracked: 2011-10-27 19:27

【たまゆら〜hitotose〜 第4話−潮待ち島に聞こえる音、なので】
Excerpt: 落ち葉噴水、自転車、犬。耳をすませば聞こえる。これが僕らの、音。
Weblog: AQUA COMPANY
Tracked: 2011-10-27 21:53

たまゆら 4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: 「たまゆら」の第4話です。 楓が竹島に引越ししてきて、初めて過ごす高校生の夏休み。この期間は、麻音が大崎下島にある旅館の実家に帰省するので、楓たちも遊びに行くことになりました。また、楓の祖父..
Weblog: なになに関連記 swung dash-style
Tracked: 2011-10-27 21:56

たまゆら ~hitotose~ 4話 「潮待ち島に聞こえる音、なので」
Excerpt: 口笛っ娘こと麻音ちゃんの回。 楓たちは夏休みを利用して麻音の実家(旅館)へ遊びにいくことに。 楓は初めて麻音の実家に行くということで超緊張。 いや〜、でもその気持は分かるわ〜。 しかし、初..
Weblog: アルベロの雑木林
Tracked: 2011-10-27 23:08

たまゆら〜hitotose〜 第4話 『潮待ち島に聞こえる音、なので』 感想
Excerpt: カメラを持って旅に出たいなぁ、という気持ちにさせる作品。 たまゆら〜hitotose〜 第4話 『潮待ち島に聞こえる音、なので』 のレビューです。
Weblog: メルクマール
Tracked: 2011-10-29 02:24

たまゆら〜hitotose〜 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」・・・そうだ、大崎下島の御手洗に行こう
Excerpt: 大長から御手洗へ向かう途中に描かれていた観光案内板が気になって少しググってみたのですが、御手洗は一時期瀬戸内航路の潮待ち・風待ちの中継港として大いに栄えていたそうですね。最盛期には藩公認の遊女屋4軒に..
Weblog: ボヘミアンな京都住まい
Tracked: 2011-10-29 17:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。