2011年10月05日

■たまゆら〜hitotose〜【第1話】わたしのはじまりの町、なので


たまゆら〜hitotose〜



たまゆら〜hitotose〜 #01の視聴感想です。

写真。
涙。
カメラ。
心。
決断。
笑顔。
街がずっと待っていてくれた。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑さぁポチッとな



■スタッフ
原作・監督・シリーズ構成:佐藤順一/脚本:吉田玲子・浦畑達彦・山田由香・池田眞美子/キャラクターデザイン:飯塚晴子/作画監督:渡辺はじめ/美術:田尻健一/色彩設計:川上善美/音楽制作:フライングドッグ/制作:TYOアニメーションズ/製作:たまゆら製作委員会/



■キャスト
沢渡楓:竹達彩奈/塙かおる:阿澄佳奈/岡崎のりえ:井口裕香/桜田麻音:儀武ゆう子/志保美りほ:葉月絵理乃/塙さよみ:大原さやか/沢渡香:宮本佳那子/ももねこ:福井裕佳梨/三次ちひろ:寿美菜子/篠田こまち:広橋涼/楓の母:緒方恵美/楓の祖母:松尾佳子/「ほぼろ」店主:松来未祐/写真館オーナー:中田譲治



たまゆら〜hitotose〜01-1

■アバン
仲良し四人組なのかな?
“ぽって”と呼ばれた娘が写真を撮って、ぽてっと転んじゃうと……なんか上から謎生物がゆったり落ちてきたぁ?!
こ…これは……にゃんこなのか!?“もりねこさま”って、アリア社長を超える謎猫だと思うぞ(笑

……お父さんが亡くなった?イキナリそんなカミングアウトからはじまるの!?(汗
でももうそのことは乗り越えて、お父さんとの想い出を大切に、お父さんが大好きだった街に引っ越してきたのですね。

たまゆら――
ふわふわと幸せな気持ちのときに写真に写る小さな光の子供たち。

「たまゆらの写真は見る人をちょっぴり幸せな気持ちにしてくれる。
 だから私は……このカメラでレッツフォト、なので」
ぽってはそんな写真を撮りたいんですね♪



たまゆら〜hitotose〜01-2

■OP
うわぁ…すっごく優しげな感じの曲だなぁ……
季節を切り取って。時間を切り取って。そこにある光景を切り取って。
画もやさしさに溢れてる気がします。
『おかえりなさい』坂本真綾



たまゆら〜hitotose〜01-3

■Aパート
どうやらぽってが引っ越す前の、お父さんが亡くなった頃の、中学3年の頃のお話のようです。
汐入町でのぽっては“ふうにょん”と呼ばれているのですね。そしてその頃から写真が大好きなんだ。
……ちょ?え?!イキナリ泣き出すオンナノコちひろちゃんに吃驚した訳ですが。
ぽっての亡くなったお父さんのことで、気遣いすぎて、涙もろくて、優しすぎちゃう娘なのか(苦笑
そして、新作だという手作りぬいぐるみを見るにこの娘もなかなか独特な感性を持ってらっしゃる(笑
進路のことを話していても、大胆→海外→写真→お父さん……と、ちひろちゃん自爆!粗忽者でもあるらしい(ぉ
ふうにょんは、そんなちひろちゃんだからこそ自分は泣かないで済んでいると。


たまゆら〜hitotose〜01-4

お父さんが亡くなった悲しみから、思い出すモノは全て目の届かないところに仕舞い込んでしまったふうにょん。
写真も、カメラも、竹原の街へ行こうという約束までも……

でも、時間が過ぎて行き、優しい人たちに支えられ見守られ、いつしか癒されていったんですね。
弟のこうちゃんがお父さんの撮ったアルバムを嬉しそうに見ている姿を見ても 悲しみよりお父さんがシャッターを切ったときの気持ちを感じられるようになっていて。
今こそ封印した形見のカメラを手にするとき!一歩を踏み出したふうにょんにお母さんも嬉しそうです。

『お父さんは楓の中にず〜っといる。
 今は悲しくて分からなくても、きっと気付くよ』
カメラを手にとって一つ一つ確かめていく…教えてもらったことを覚えている実感。
おばあちゃんが言った言葉が身に沁みて、カメラのことだけじゃなく他にもたくさんのことが残っていると思えるようになれたこと。


たまゆら〜hitotose〜01-5

また写真を始めるというふうにょんに、ちひろちゃんはやっぱり嬉し泣き!
ふうにょんにとってちひろちゃんがどれだけ大事な友達か最初の一枚に彼女を選んだことでよく分かりいますネ。
それがイキナリ地べたに寝転がって構えるとかふうにょん大胆。でもいい写真だ!お?たまゆら♪



たまゆら〜hitotose〜01-6

■Bパート
ふうにょんは卒業を機に竹原の高校に進学を決めたらしい。
と思ったら、ふうにょんと一緒に行くとこうちゃん転校もなんのその、お母さんも即断即決引越し決定!?ふうにょんの大胆さは遺伝だったようです(笑
ふうにょんの決断を聞いたちひろちゃんは寂しさもあるけど「ふうにょんが決断した」ことへの嬉し涙。笑顔で見送るって、ホント優しい娘だよ。
それにしてもちひろちゃんぬいぐるみ有り過ぎ!全部手作りなのかしら?かしら??独特だもんなぁ……

ふうにょんは、憧れの写真家“志保美りほ”さんに、お手紙を書いてるみたい。もちろん写真も添えて。
竹原には“かおちゃん”と“さよみお姉ちゃん”という幼馴染がいるらしく……再会するのが嬉し恥ずかし緊張不安とフクザツなのですね。

そして……まさかまさかの写真家・志保美りほから返信が!ふうにょんハイテンション!!(笑
『沢渡さんの大好きな家族が、一枚の写真にいるようなとてもとても幸せな瞬間ですね』
いやぁ憧れの写真家からこんな返事を貰ったらそりゃほわほわ〜となりますって!うん、かわいい♪
そして、同封されていた『行き先がない切符』の謎。きっとそこには“自分の夢”とかを書くんじゃないのかなぁ……
つかその切符、乗車駅は竹原なの?なんで!?志保美りほは竹原所縁の人なのかしら?かしら??
変わり始めたマイレボリューション!あぐれっしぶふうにょんに続け!!ちひろちゃんあぐれっしぶ計画発動!!!(ぉ


たまゆら〜hitotose〜01-7

季節がどんどん過ぎていくぅ〜。二人揃って神社にお参り、神頼みっ♪
「ちひろちゃんが入試に合格しますように」
「ふうにょんが試験に間違えず忘れ物せず駅や道で迷子にならずに辿り着けて、解答欄に間違えずに……」
まだ続くのかっ!てか、どれだけふうにょんドジっ娘ですかっ!多分コレ過去の実績の一端だと思うのだけど(笑
まぁなんだ、欲を言えばこのシーンは晴れ着姿を見たかったなぁ……なんて。

あぁ…とうとう髪を切ってしまったぁ……ツインテ可愛かったのになぁ。できればポニテも見たかったなぁ……(ぉ
ちひろちゃんプレゼンツ「新キャラお守りセット」で〜す。なんかふうにょんが「(要らないなんて言えない…どうしよう……)」と思っているように見えるぞ(笑
さらに「実はまだプレゼントがあるの……」と続いたときの「えっ!?」という反応に本音が全て詰まっていたよね(爆笑
でもコッチのオマケの方がきっと本命だったと信じたい。だって“アルバムとカメラケース&切符ケース”の手作りセットだもの。ふうにょんにピッタリの実用的で常に手放さないモノだもの。
「いってらっしゃい、ふうにょん。私も応援してるよ」
約束どおり涙はない笑顔でのお見送り。きっと遠く離れてもずっと親友だと思えるあぐれっしぶな二人の姿でした。


たまゆら〜hitotose〜01-8

そして、ふうにょんは竹原へ……
お父さんが連れて行ってくれた行き方で。電車を乗り継いで近付いていく。
見たことのある風景。思い出の光景。あの頃の景色……今、帰ってきたお父さんがいたあの頃に。
またこのランカが歌うBGMがあまりに良すぎてシーンに引き込まれちゃう!

電車を降り、改札を抜けて、駅舎を出ると……

[おかえりなさい]

緊張と懐かしさが綯い交ぜになっているときにこんな文字を見たら感極まっても仕方がない!
「ぽって、おかえり」
更なる追撃、予想していなかった幼馴染のお出迎えとなれば涙も流れるってもんさ!
「この街がずっと待っていてくれた気がした。
 悲しい色はもう何処にもなかったので、……お父さん、ただいま」



たまゆら〜hitotose〜01-9

■ED
Bパート終盤から流れ始めた訳ですが。コレはズルイほどに涙腺を刺激させる曲だと。今後似たような演出があったら涙腺決壊を止められる保証はどこにもない!(ぉ
『神様のいたずら』中島愛



たまゆら〜hitotose〜01-10

■Cパート
それぞれの道を歩み始めたふうにょんとちひろちゃん。
「いつか、ちひろちゃんがこっちに遊びに来てくれるって言ってたの、楽しみなので」
彼女の再登場はホント楽しみであります。ちひろちゃんの魅力に鷲掴みされましたですよ(笑



たまゆら〜hitotose〜01-11

■アイキャッチ
コレ毎回変わるんですかね?
やっぱももねこ様は謎生物にちまいない(笑


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛



まず事前情報として公式サイトをサラッと流した程度。以前OVAとして制作されたんでしたっけ?
どうやらコミカライズもされているみたいですね。密林で1巻見つけました(笑

ということで……
三次ちひろちゃんが、レギュラーではないっぽいというのはどういうことだ!?
こんなにも面白優しい娘が毎回見られないなんて大きな損失だぁ……(ぉ
時々でいいから彼女の近況を知りたいよなぁ。やっぱ再会までオアズケなのかしら?かしら??


それはそれとして。
沢渡楓のことは、汐入が“ふうにょん”で竹原が“ぽって”と呼んでいる訳ですね。
呼び方を一瞬混乱していたのはここだけの秘密だ。しかも“ふうにゃん”と“ぽっけ”だと思っていたことも当然秘密だ(笑

もう兎に角見ていると、ふわふわ〜ほのぼの〜ぽけぽけ〜うるうる〜ぽかぽか〜……と、こんな文字ばかりに支配されていくいっぽうでとっても困……らない。もっともっと、ぽわぽわ〜なあらあらうふふ恥かしいセリフ禁止な空間に埋め尽くしてくれていいと本気で思ってしまうのでした(笑
きっとたまゆらを見た後は、心身の毒気が抜かれていると思うんだ。写真を撮ったらきっと“たまゆら”が写り込むほどに。だからこそ敢えて言おう。いいぞもっとやれ、と♪




人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑次回視聴感想への気合を下さいな。







http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-584.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52184632.html
posted by 露羽 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(20) | ■たまゆら〜hitotose〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228808904

この記事へのトラックバック

たまゆら〜hitotose〜 第1話 感想「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜ですが、沢渡楓が高校生となり竹原に引っ越してきます。父親に教えてもらった写真は封印していましたが、このままではいい思い出もなくしてしまうと思い、カメラを手にします。(以下に..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-10-05 09:28

【たまゆら〜hitotose〜】1話 画質は最低だが内容は最高だな!!
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜 #01 わたしのはじまりの町、なので 37 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/05(水) 02:11:..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-10-05 09:37

(アニメ感想) たまゆら 〜hitotose〜 第1話 「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜第1巻 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る 癒しアニメがいよいよ登場!疲れきったあなたの心に、一服の清涼剤・・・ ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2011-10-05 11:51

たまゆら〜hitotose〜 1話
Excerpt: きっと、もう大丈夫。 というわけで、 「たまゆら〜hitotose〜」1話 喜びも悲しみも幾歳月の巻。 あーちくしょう、さっきから鼻すすりっぱなし。 もちろん、風邪気味とかそうい..
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2011-10-05 13:49

たまゆら〜hitotose〜 第1話「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: 秋もサトジュンさんワールドは続きますよ〜! 今期大本命の一つ、たまゆらTVバージョンスタートです。 OVAもできたら見てほしいですね。 ぽっては中学生の頃は髪の毛二つ結びだったのね。 汐入..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2011-10-05 14:09

[アニメ]たまゆら 〜hitotose〜 第1話「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: それは奇跡が生まれるOVAのちょっと前の物語、なので……。
Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ
Tracked: 2011-10-05 15:12

たまゆら〜hitotose〜 第1話 「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: たまゆらがテレビアニメになって帰ってきました^^ OVAを見てすっかりたまゆらが大好きになってしまったため、とても楽しみにしてました。 世界の?サトジュンが監督でARIAスタッフが製作していて..
Weblog: リリカルマジカルSS
Tracked: 2011-10-05 18:57

『たまゆら-hitotose-』 第1話 観ました
Excerpt: 原作および、OVAの第1期は未視聴ですが…カメラ女子ネタということで視聴してみました。 ヒロインの楓が使うカメラが小型カメラの名器ローライ35Sってのが渋くまたカッコいいですね。しかも、その操作も特徴..
Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
Tracked: 2011-10-05 19:05

たまゆら 〜hitotose〜 第1話 「わたしのはじまりの町、なので」 感想
Excerpt: おかえりなさい―
Weblog: wendyの旅路
Tracked: 2011-10-05 22:16

たまゆら〜hitotose〜 第1話「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: この町がずっと私を待ってくれた――。 OVA版から好きだった「たまゆら」がTVアニメに♪ また優しいキャラと風景に癒されまくりますw 一押しキャラは香くんです(笑) ▼ たまゆら〜hito..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-10-06 00:06

たまゆら -hitotose- 第01話 「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt: ヒーリングアニメとして名高いあの「ARIA(AA)」シリーズのスタッフが集結したOVAが ついにテレビアニメとして再登場。「たまゆら -hitotose-」の第1話。 舞台は瀬戸内海の町、..
Weblog: ゆる本 blog
Tracked: 2011-10-06 01:35

たまゆら〜hitotose〜 第1話「わたしのはじまりの町、なので」/OVA 第1話〜4話まとめて
Excerpt: EDテーマの「神様のいたずら」をバックに、大好きだった父親を亡くして以来5年ぶりに訪れる街、一抹の不安を抱えたまま降りた駅で、足元の「おかえりなさい」の文字と、久しぶりに会う幼馴染のかおるが昔と同じよ..
Weblog: ボヘミアンな京都住まい
Tracked: 2011-10-06 03:36

たまゆら〜hitotose〜 第1話「わたしのはじまりの町、なので」感想!
Excerpt: たまゆら〜hitotose〜 第1話「わたしのはじまりの町、なので」 いよいよ始まりました、たまゆら。 OVA版も良かったので期待大です! 第1話は、楓が竹原に来る前の話。 お友達..
Weblog: くろくろDictionary
Tracked: 2011-10-06 11:44

レッツフォト! 「たまゆら〜hitotose〜」 第1話の感想。
Excerpt: 「なので!」
Weblog: あるアッタカサの日常
Tracked: 2011-10-06 15:25

秋アニメ3本目!【たまゆら〜hitotose〜 第1話−わたしのはじまりの町、なので】
Excerpt: 幸せな気持ちの時にレンズの向こう、写真の中に写る小さな光・・・それがたまゆら。
Weblog: AQUA COMPANY
Tracked: 2011-10-06 21:51

たまゆら 〜hitotose〜 第1話 「わたしのはじまりの町、なので」
Excerpt:  ちひろはいい子ですね。ちょっと泣き過ぎでしたけど。
Weblog: つれづれ
Tracked: 2011-10-06 23:45

たまゆら 〜hitotose〜 第1話 『わたしのはじまりの町、なので』 感想
Excerpt: 遅ればせながら、秋アニメの感想第1弾です。 心温まるアニメになりそうですね。 たまゆら 〜hitotose〜 第1話 『わたしのはじまりの町、なので』 のレビュー。
Weblog: メルクマール
Tracked: 2011-10-07 01:42

たまゆら〜hitotose〜 TokyoMX(10/07)#01New
Excerpt: 第1話 わたしのはじまりの町、なので 友人の写真を撮るぽって。ちひろに送るための
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2011-10-08 01:33

たまゆら〜hitotose〜 1話「大好きがいっぱいの町、なので」
Excerpt: TVアニメとなって放送開始したたまゆら、癒されますね OVAを見て癒されたたまゆらがTVアニメとなって帰って来ましたが、やはりこのアニメは癒されます。 今期はこのアニメに癒しと感動をも..
Weblog: 時は零から
Tracked: 2011-10-08 09:52

たまゆら ~hitotose~ 1話 「わたしのはじまりの町、なので」(アニメ感想)
Excerpt: こういう雰囲気のアニメ大好き、なので。 OVAは未視聴です。 ですが、ARIAのスタッフが手掛けているということで、私の期待度はMAXなのです。 視聴した第一印象は「うん、佐藤順一さんの作品..
Weblog: アルベロの雑木林
Tracked: 2011-10-10 11:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。