2011年09月19日

■異国迷路のクロワーゼ 【第12話】屋根の上の猫


異国迷路のクロワーゼ


異国迷路のクロワーゼ Partie12:“ Chats sur un toit ” 第12話:「 屋根の上の猫 」の視聴感想です。

ギャルリ。
猫。
捜索。
父。
笑顔。
ギャルリの家族になれたでしょうか?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑さぁポチッとな



■スタッフ
原作:武田日向/監督:安田賢司/シリーズ構成・音響監督:佐藤順一/脚本:池田眞美子/キャラクターデザイン・総作画監督:井上英紀/美術監督:川口正明/美術設定:ロマン・トマ、ルガル・ヤン、ブリュネ・スタニラス/色彩設定:品地奈々絵/チーフCGIデザイナー:後藤浩幸/撮影監督:岩崎敦(T2studio)/加藤千恵(T2studio)/編集:後藤正浩(REAL-T)/音楽:コーコーヤ/音楽製作:フライングドッグ/音響制作:青二プロダクション/アニメーション制作:サテライト/製作:異国迷路のクロワーゼ製作委員会



■キャスト
湯音:東山奈央/クロード:近藤隆/アリス:悠木碧/オスカー:田中秀幸/カミーユ:矢作紗友里



異国迷路のクロワーゼ12-1

■アバン
クロードと買い物に行くだけで湯音は満面の笑みですよ♪
オスカーは久しぶりにすき焼きをご所望。クロードは……(笑

湯音はすっかりギャルリのマスコットだね♪



異国迷路のクロワーゼ12-2

■Aパート
ギャルリ公認で実は湯音は猫だったんだよ!(マテ
猫な湯音…猫湯音……ネコミミな湯音だと!?(おもちかえり〜♪(オチツケ
ではなく、ギャルリの人たちの中心に湯音がいます。勿論話題は猫ですにゃん。

日常レベルのフランス語はもうお手の物。
ヤニックさんとこの猫看板もジャン作なんですね。世間話程度でもクロードは不機嫌になっちゃうのか。
看板のモデルになったにゃんこは、大きな鈴をつけたまま行方不明らしい。
にゃんこへの言付けも湯音なら伝えられそうに思えるわ(笑

仕事に戻るクロードは、オスカーの言葉が突き刺さってるみたい。
どうにか手伝おうとする湯音だけど……デフォルメ絵を見てる分にはめっさ可愛い!
だけど、その場にいたら危なっかしくて仕事どころじゃなくなるね(苦笑
その姿を見てオスカーがまた余計な一言。そりゃ幼クロードの話題なら湯音も興味津々間違いない(笑
でもジャンのことは避けられないので禁句でした(汗
 
気を取り直して、湯音は安全に手伝おうと手袋を借りようとするけれど……
いっつ逆鱗!(汗
「ホントどっか行ってろよ!!」
さすがにこの感情の触れ幅はただ事ではない感じですね。
取り返しの付かないような事故があったのでしょうか……?

湯音の闇の部分には踏み込みましたけど、まだ自分のこととなると曝け出せる段階ではないようですね。
なんとなくだけども、現実と向き合えないというより、未だ自分の中で整理しきれていないという感じが強いのかな。
さすがに先ほどの大声は後悔しているようで、オスカーにフォローを頼んだようです。



異国迷路のクロワーゼ12-3

オスカー爺さんによると、湯音が手にした手袋はジャンが使っていたもののよう。
クロードの真意がどうあれ、いわば形見なわけで湯音は知らなかったとはいえ罪悪感は感じちゃうよね。でも。
「何処か行ってこいとは言ったが、行っていいのはギャルリの中だけだぞ」
クロードからの伝言に、なんて嬉しそうな笑みを浮かべますか!
嫌われた訳じゃなく、いつものように心配してくれている言葉。感じるのは不器用な優しさですね(笑

ふと聞こえた鈴の音に、思い出したヤニックさんちの猫の話し。
伝言を伝えに追いかけて行ってしまいましたよ。湯音さん最近、超常に目覚めてるからダイジョブか?(汗(マテ

思い出してしまうあの日のこと――
父の背を追いかけていた日々。懐かしい思い出。
湯音がいなかったら、まだ暫くこんな風に思い出せずにいたのではないだろうか。
ましてや、手袋を見て微笑むなんてことは……

湯音は猫看板を見上げて。ヤニックさんがその姿を目撃。
ホントに鈴をつけた猫が導いているのかしら?かしら??


異国迷路のクロワーゼ12-4

クロードはやはり湯音のことが気になるようです。留守番をオスカーに頼んで、もうダッシュ!湯音を探せ!!
何故ソコまで湯音を探すのか、クロード自身分かってないんでしょうね。交わす言葉は少なくてももう既に離れ難いほどに深く関わってしまっているんです。
また迷子かと思われたり、アランもからかったりと、でもクロードの姿は必死そのもの。
伊達に腐れ縁じゃないアラン、マジ事だと察したようですね。

幾ら探してもいない湯音。目に留まったのはブランシュ家メイド隊。故にアリス嬢!
って、ソコ自分ちじゃん!顔を見せたオスカーがポロッと湯音行方不明を言っちゃってアリス激怒!(笑い
ぐうの音も出ないクロードさんたじたじ。やっとヤニックさんのことを思い出したりとテンパってますなぁ(苦笑
アリス嬢も捜査網にエドガール&メイド隊投入したり、場合によっては強制的に保護者となると宣言したりと。
まぁなんだ……どっちも過保護なのは間違いない(笑

湯音は鈴の音に誘われるままに……って、何処まで侵入してるのさ!?
外は湯音捜索包囲網で大騒ぎでっせ!!(笑



異国迷路のクロワーゼ12-5

■Bパート
アリスは念のためブランシュ家に戻ってカミーユ姉さまにも確認。
お付きの人にも捜索を手伝うように指示するなんて、お姉ちゃんやっぱ優しいです♪

いやぁもうホント大掛かりな捜索になってきましたね(笑
アランは彼女さんと聞込みしてるし、エドガールもメイドさんも本気で捜索、アリスの叫びはあの子にも届いて。
クロードはやっとヤニックさんから猫看板を見ていたと証言を得ました。その時鈴の音が……
……湯音めっけ!って、屋根の上?!確かに言いつけは守ってるけど!!(汗

もしかして高いところ苦手なんじゃないの!?
風でよろめく!下駄落とす!!心臓に悪いから動かないで湯音!!危ないからぁ!!!(汗


異国迷路のクロワーゼ12-6

駆けつけたクロードの静止を聞こうとしない湯音。
それは、鈴の音を響かせる猫をヤニックさんに会わせてあげたいから。ギャルリのみんなの役に立ちたい一心で。
だけど、あの猫の話は冗談半分、10年以上行方が知れないのだから。まさかこんな事態になるとは誰も思わないよなぁ(汗

「お前の仕事は、怪我をせずに俺の傍にいることだ!」
クロードにはそんなつもりはないでしょうが、それって結局籠の鳥で居ろってことになっちゃいますよ。
そのために傷付いたヒトがキミの傍にいるでしょうに!それに湯音は“役に立つ”ことが生き甲斐のような娘なのに(ぇ
その言葉にショックを受けた湯音は前後不覚で落ちてしまったぁ!!(激汗
……とりあえず屋根ガラスの上で無事でした。湯音が軽くてよかったよぉ……って、みしみしいってる!!(あわわ

手を必死に伸ばすクロード。
「知らないんだ、お前は!俺の手が何も掴めなかった時の惨めさを!!
 お前は…何も出来ないのはお前だけじゃない!オレだって爺さんだってそんなの同じだ!!」
ジャンは作業中に死んだ?湯音は図らずもクロードの心に触れたことで素直に手を伸ばして……救出成功!(一安心


異国迷路のクロワーゼ12-7

まったく湯音はよく見ていますね。
手袋見て微笑んでいたクロードをバッチリ記憶しておりました(笑
そんなクロードが、形見を大事にしていないわけがなく、ジャンのことも嫌っているはずがない。

職人気質で不器用な父親でしかなかったジャン。
だからクロードは苦手だったようだけど、その態度、オスカーのこぼれ話からすれば、好きで仕方がないという感じ。このツンデレめが(笑
ある日、仕事中に起きた事故でジャンは…クロードの目の前で……
ジャンだってこんな所にまでクロードを連れて来てるんだから、同じ道を歩もうとしてる息子を嫌っていたはずはないですね。

目の前にあるのに、なくなってから気付くこと。ジャンのこと、小さかった手、あの頃の自分。
湯音のことも、居なくなってからでは遅いと気が付いたからこその必死の捜索だったのかな。

そっか、ジャンはグラン・マガザンの仕事でなくなったのか。だからブランシュ家を二重三重の色眼鏡で見るようになったのね。アリスが暗い表情を浮かべたのも当然のことですね。
それでも、いつかグラン・マガザンに自分で湯音を連れて行こうと思うことができたのは、真っ直ぐで必死な湯音と出会うことができたからなんでしょうね。

振り返れば、そこにはジャンが愛したギャルリが確かにある。いつだって父親が記した痕跡を見ることができる。
そして湯音が無事に居てくれれば、クロードの手は無力の手ではなくなる。つか…受け取り様によってはプロポーズか!?(マテ(恥かしいセリフ禁止っ!!(ビシッ!!


異国迷路のクロワーゼ12-8

人騒がせな黒猫を連れ帰ったクロードさん。お姫様だっこですかっ♪(ヤンヤヤンヤ(笑
みんな呆気に取られつつもこりゃ笑うしかないわなぁ。あの子も湯音の無事な姿を確認してにっこり。
「皆さん、心配かけて済みませんでした」
「心配?そうじゃない。湯音はいるだけで、こんなにもみんなを安心させてるじゃないか」
オスカー爺さん、この一言で全てを持ってった気がするよ!アンタやっぱ只者じゃねーよ(笑

「私、ギャルリの家族になれたでしょうか?」
「あぁ!」
いい笑顔だ!湯音!!コレまでで最高の笑顔です♪

幸せならいつもずっと此処にあるの――



異国迷路のクロワーゼ12-9

■アイキャッチ&エンドカード
最後のご挨拶ですね。
ご視聴ありがとうございました(ぇ
ちなみに↓に猫と戯れる湯音の一部始終が(笑



┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛



湯音がギャルリの役に立ちたかったのは、それが居場所の証明になるからなんですね。
でも、そんな証明がなくとも、いつのまにかギャルリは双方に必要不可欠な居場所になっていましたね。
それは、湯音の周りに笑顔が溢れていることが何よりの証明なのでしょう。だけどもそれは気が付いたときにはもう当たり前になっていたが故に気がつけないでいた。目の前に既にあるのに。
不安であるから一見無茶なことでも、一生懸命に、必死に、手にしようとしていたのでしょうね。まぁ湯音の場合、生来の性格によるところが大きいそうですけどね(苦笑


クロードは今回の騒ぎで覚悟というものが形作られてきたのではないかと思います。
コレまでは線引きをし、湯音に限らず、誰ともある一定以上は親しくならないようにしていたのではないかと思うのです。
父を失った現実から、一歩引いたところに立っていた。それは救うことができなかった自分への無力さ、嫌われていたのではないかという不安、最悪もしかしたら自分が見殺しにしたとまで思っていたかもしれません。
だとすれば、湯音が抱えていた闇よりももっと深い闇なのかもしれません。
でも無意識の内に湯音に対して親しみを覚え、大切な家族となっていったことで、線引きは破綻し、湯音の闇を垣間見て、自分の闇をも切欠さえ得れば曝け出せるまでになっていたようです。

そう考えたとき、ふと、オスカー爺さんが家を空けて日本に旅立ったのはワザとだったのではないかと思えます。
父・ジャンの後を継ぎ、まがりなりにも店を任せられる程度に成長したとき、グラン・マガザンを憎み、幼馴染の居るブランシュ家に怒りを向け、実は己自身を許せずに居るのに気付いてすらいない孫に、一人で己を見詰め直す時間を与えたかったのではないか……なんて、思慮深く考えていたんではないかと買いかぶってみるんですが如何か!?(ぉ
しかも行った先の日本では、好奇心に溢れ世界に憧れ輝きを放ちながらも何処か陰のある湯音という逸材と出会うことができた。湯音とクロードが出会ったときの互いの変化に期待を寄せてもいいんじゃね?
ハンサム・お茶目・ジェントルメンなオスカーならそれくらい華麗に実行しそうでなぁ(ぇ

まだまだジャンの死についての真相は語られていない感じですが、取り敢えずはこれで充分でしょう。
少なくともクロードは湯音に向けての扉の鍵は外したのです。彼が心の整理を果たすのはコレからもっと時間が必要なのでしょう。
気が付けば湯音がその整理を手伝っているのかもしれません。そのときクロードの口から全てが語られ、きっとグラン・マガザンを湯音と歩く姿が見られるのだと思います。



■アイキャッチGIFアニメ
アイキャッチを繋いでGIFアニメにしてみた(笑
異国迷路のクロワーゼ-アニメ

にゃんこと戯れる湯音が可愛い♪



■総括
とうとう『異国迷路のクロワーゼ』が最終回を迎えました。
今期終了のアニメの中でも抜群の安定感を誇り、次回が待ち遠しくてたまらなかった作品でした。

視聴前には“可愛らしい湯音を愛でながらホンワカするアニメ”だと思っていたのですが、そんなことは表層的で、なかなかどうしてグイグイッと物語の中に惹き込まれていく感がとても心地よかったです。
かといって、単純なほのぼの癒しでもなく、各キャラクターが抱えるフクザツな心境が、いい具合にシリアスさを増して深みにつながっていたと思います。

そんな中で、あまり影の部分が見えなかったのがアリスとオスカー爺さんでした。
アリスは底抜けの明るさと積極性で、オスカー爺さんは年季とお茶目さで、どんより暗くなりそうなところを上手に引き戻すバランサーぶりは絶妙でしたね。
ただやはり個の二人にも危うい部分を想像できる余地はありました。
例えば、アリスなら姉・カミーユの真意の部分であったり、オスカー爺さんもジャンのことが傷になっていないわけがないはずで。
全てをリセットしてくれるキャラの影が描かれた時、物語がどういうふうに動くのか気になるところではありますね。

ところで、この作品はサトジュンこと佐藤順一氏の名前が先行してしまった感があると思います。
自分の中でサトジュンといえばARIAなわけですが、この作品もやはりARIAっぽさを良くも悪くも引き合いに出されていたのではないでしょうか。本来の監督である安田賢司氏の影が見えないほどに……(汗
サトジュンがシリーズ構成・音響監督ということで、ARIAのような全体として温かい空気を保ちつつ、うみものがたりのような心の葛藤・闇を良いバランスで展開していったように思えます。
そして全体を通して、音響が大きく影響していたのではないでしょうか。BGMはもちろんのこと、効果音が特に印象的だったと思います。なにせこの作品で先ずグワシッと惹きつけられたのは湯音がギャルリを歩く下駄の音でしたから。人々の喧騒の中、石畳で響くカポッカポッという音は今でも耳に残っています。
とまぁサトジュンのことはここまでとして、安田賢司氏はこの作品が初監督なのでしょうか?
サクっとググッてみたら、絵コンテ演出で多くの作品に関わっているようですね。あのノエイン(←結構好きな作品だったり)では副監督をしていたようです。
サトジュンの名に隠れてしまったとはいえ、安田賢司監督のもとこの作品は作られたはずです。
フランスの風景やギャルリの雰囲気、時代を感じる空気感、作品を支える屋台骨がしっかりしていたからこそ物語に入り込めたのだと思います。次の作品が楽しみだと感じますね。

うだうだと書きましたが、一言で言えば『異国迷路のクロワーゼを大好きになった』ということ。
ネットで見た限りだとなかなか高評価の内に最終回を迎えたようなので、きっときっと2期があるのではないかと思いっきり期待しております。でも……原作ストックがほぼ無いんでしたっけ?(汗
この作品に関わった全てのキャスト・スタッフの皆さんお疲れ様でした。
湯音の可愛らしさを十二分に堪能できた上に、しっかりとしたストーリーを満喫できました。ありがとうございました。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
↑次回視聴感想への気合を下さいな。







http://blog.livedoor.jp/nylon66/archives/51743682.html


posted by 露羽 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(21) | ■異国迷路のクロワーゼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

異国迷路のクロワーゼ 第12話(最終回)「屋根の上の猫」 感想
Excerpt: 言葉じゃなくて、心でつながる。 いや・・・いい最終回でした。 今までクロードは必要以上に踏み込まれる事や 自分を曝け出す事を恐がってた訳ですが、アニメ最終話にしてそんな胸の内..
Weblog: 超進化アンチテーゼ
Tracked: 2011-09-19 23:39

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫」
Excerpt: 私 ギャルリの家族になれたでしょうか――? 鈴をつけた猫の看板も クロード父の作だという。 そんな話を聞けるほど 湯音はギャルリのみんなに馴染みました(笑) でも すぐ居なくなる湯音は クロード..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-09-19 23:39

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫 - Chats sur un toit」 感想
Excerpt: もう一人ぼっちじゃない 作業場で仕事をするクロードを手伝おうとする湯音。 一番小さな手袋を使おうとするがそれを見たクロードから思わぬ叱責を受けることに。 店から姿を消した湯音をクロードやギャ..
Weblog: 日刊アニログ
Tracked: 2011-09-19 23:47

【異国迷路のクロワーゼ】最終話 原作ストックが溜まったら2期をやって欲しい
Excerpt: 異国迷路のクロワーゼ The Animation #12 屋根の上の猫 Chats sur un toit 185 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-09-20 00:22

異国迷路のクロワーゼ 第12話・最終回 感想「屋根の上の猫 Chats sur un toit」
Excerpt: 異国迷路のクロワーゼですが、湯音は不用意に手袋に触ってクロードを怒らせます。オスカー爺さんは理由を説明しないと湯音も怒られ損だと言いますが、クロードは触れられたくないこともあるようです。 オスカーは..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-09-20 00:25

異国迷路のクロワーゼ 第12話 「小さな存在 - petits présence -」
Excerpt: 見た目の大きさ と 心にある大きさ の違いが上手く表現されてましたね。 ヤニックさんの心にある黒猫。クロードの心にある父親と湯音。ギャルリの人々の心にある湯音。 それぞれ見た目に反..
Weblog: 物理的領域の因果的閉包性
Tracked: 2011-09-20 01:09

異国迷路のクロワーゼ 第12話(終) 『屋根の上の猫』
Excerpt: 毎度おなじみ。ヤル気が空回りする湯音と、言葉足らずのクロードが衝突。でも居なくなった湯音にオロオロ。最後は無事で良かったとひと安心。三歩進んで二歩下がるような二人の関係も一旦見納めです。 家事は無難..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2011-09-20 04:40

異国迷路のクロワーゼ 12話(最終回)
Excerpt: 鈴なんて、いらない。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」12話(最終回) 屋根から見る風景の巻。 未完成だからこそ、お互いに支え合う。 そんな結びつきの大切さを、美しさを、..
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2011-09-20 13:42

異国迷路のクロワーゼ The Animation 12話(最終話)屋根の上の猫 (Chats su
Excerpt: 12話(最終話)屋根の上の猫 (Chats su un toit) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201109/..
Weblog: しるばにあの日誌(新館)
Tracked: 2011-09-20 15:51

異国迷路のクロワーゼ・第12話
Excerpt: 「屋根の上の猫」 ギャルリの人々とも馴染みになった湯音。そんなある日、湯音はクロードを手伝おうと仕事場の片隅にある手袋を持ったことで、クロードは激昂して…… 「湯音のことを尋ねないのは、い..
Weblog: 新・たこの感想文
Tracked: 2011-09-20 19:39

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第12話
Excerpt: 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第12話、「屋根の上の猫」。 原作未読です。 早いもので、今回で最終回です。 クロードの仕事場から外に行っていろと言われていなくなった..
Weblog: おちゃつのちょっとマイルドなblog
Tracked: 2011-09-20 22:38

異国迷路のクロワーゼ 全12話
Excerpt: さて、アニメも色々と最終回なので感想を書きたいですね ということでまずはクロワーゼ フランスのパリを舞台に日本人の少女が奮闘する物語ですかね? 原作は読んだことがないのですが2巻までしか出ていな..
Weblog: にきログ
Tracked: 2011-09-21 00:29

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫」 (最終回)
Excerpt: 湯音ちゃんの素敵んぐスマイルとも今回でしばしお別れ。 途中ちょっとしょんぼり展開もあったけど、良い感じに和んで終了。 それにしてもお姫様だっことは…クロードもやりよるのうw ギャルリの人たち..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2011-09-21 06:46

異国迷路のクロワーゼ The Animation #12 「屋根の上の猫」
Excerpt:  ギャルリ中が過保護な感じですね。
Weblog: つれづれ
Tracked: 2011-09-21 07:18

異国迷路のクロワーゼ チバテレ(9/18)#12End
Excerpt: 第12話 最終回 屋根の上の猫 クロードとお出かけする湯音。オスカーは久しぶりに
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2011-09-21 11:44

異国迷路のクロワーゼ 第12話 「屋根の上の猫」 感想
Excerpt: 普遍的な存在―
Weblog: wendyの旅路
Tracked: 2011-09-21 17:10

『異国迷路のクロワーゼ』 最終回 観ました
Excerpt: このお話は、明治生まれの少女湯音が巴里のギャルリにやって来て、ギャルリの一員になれるまでが描かれていました。湯音が巴里にやってきた当初、彼女のことを知っているのは日本から彼女を連れてきたご隠居のオスカ..
Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
Tracked: 2011-09-21 19:52

異国迷路のクロワーゼ  第12話「屋根の上の猫 Chats sur un toit」 最終回 レビュー・感想
Excerpt: わたし、ギャルリの家族になれたでしょうか 微笑み返すギャルリの住人、湯音はもうギャルリの看板娘ですね。看板の猫と湯音 クロードと買い物に出かける湯音、町の人たちとも立 ...
Weblog: ヲタブロ
Tracked: 2011-09-21 23:34

異国迷路のクロワーゼ 最終感想
Excerpt:
Weblog: 義風捫虱堂
Tracked: 2011-09-22 09:37

異国迷路のクロワーゼ 12話 「屋根の上の猫」(アニメ感想)
Excerpt: 私、ギャルリの家族になれたでしょうか? 素晴らしい最終回でした。本当にいいまとめ方をしてきたなぁ。 父親のことに踏み込まれることを嫌い、話す必要もないと言っていたクロードも ようやく湯音..
Weblog: アルベロの雑木林
Tracked: 2011-09-23 17:18

「異国迷路のクロワーゼ」12話(fin)の感想
Excerpt: 「異国迷路のクロワーゼ」12話(fin)、観ました。 湯音がギャルリに馴染んできたある日。父の遺品である手袋に触れられて感情的になったクロードは、湯音につらく当たってしまう。しばらくして気になったクロ..
Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局
Tracked: 2011-10-04 08:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。